ディズニーランド内が歩き疲れにくい理由…さすが夢の国だった…

ディズニーランド内が歩き疲れにくい理由
さすが夢の国だった…


平均滞在時間が圧倒的に長いディズニーランド

ディズニーランドでのゲストの平均滞在時間は8時間

ものすごいロングなステイ時間です。
他のテーマパークとは比べ物にならない長さとなります。

その理由はいくつかあります。

・アトラクションやエンターテインメントの数の多さ。
・夜にしか見れないエレクトリカルパレードなどの魅力的なイベントが開催される。
・立地している新浦安にはディズニー関連以外の流出施設が少ない。
・キャストがゲストを主役として扱っているので居心地がいい。

そして、ディズニーランドは歩き疲れにくい…ということ。
疲れてくると当然のことながら、そろそろ帰ろうかとなります。

しかし、ディズニーランドは歩き疲れにくくなるように
ある工夫がされていました。

ディズニーランド内が歩き疲れにくい理由

「東京ディズニーランドの地面には
歩行のショックを吸収する特殊な加工が施されている

というもの。
そのため長時間園内を歩いても疲れを感じにくくなっているという。

対してディズニーシーでは
世界観の再現を重視しているために石畳などが使われている場所が多く、
この特殊な加工がなされている場所は少ないようです。

その代わりに園内を歩くことなく移動できるように様々な乗り物が設置されています。

あくまでも疲れを感じにくくくするための工夫であるため、
当然人によって感じる疲労度は異なります。

しかし、他のテーマパークと違いそんな細部まで心配りがされている点が
さすが夢の国ディズニーランドと言うべきではないだろうか。

ネットでの反応

・これは初耳。まあたしかに普通の道よりかは疲れないか。
でもディズニー出たあとの現実にどっと疲れるよね。

・めっちゃわかる、ディズニーランドは特に疲れない

・パーク内に居るときは感じないけど、
帰りの電車に乗った途端に疲れがどっと来ますね。

・歩いてる時間より立ち止まってる時間で足が疲れるよね。仕方ないけど

あなたにオススメの記事

⇒ ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性…勘違いしている人が続出…