ヤクザの世界で生きる極道の女たち…刺青姿が芸術的だと話題に

ヤクザの世界で生きる極道の女たち…
刺青姿が芸術的だと話題に!


ヤクザの世界で生きる極道の女たち

日本最大の指定暴力団山口組の分裂以降、
神戸山口組の発足、警察による家宅捜索、暴力団組長の殺人事件など、
ヤクザに関する報道が相次いでいる。

極道の世界の後ろにはその世界で生きる女たちがいる。
極道の妻、いわゆる“極妻”たちは一体どのような生活をしているのでしょうか。

ヤクザと言えば刺青というイメージは大半の人が持っているかもしれないですが、

極道の妻ともなると女でも刺青をガツガツ入れるようです。

極道の妻たちの刺青姿

首元から手首までぎっしりと刺青が入っています。
ヤクザ幹部の妻にまでなるとやはり刺青の入れ方もハンパじゃないのかもしれません。

こちらの刺青は鮮やかな鳥が描かれています。
絵画として飾られていても美しい絵画だと言われるほどのものですね。

足の先まで刺青を入れている。
しかし、すねの当たりの刺青はなんとも綺麗である。

この女性の刺青には龍が描かれている。
背景は黒、夜の上空なのだろうか。

刺青から芸術を感じる一品である。

この方の刺青はトラが描かれている。
目つきなどの迫力がもの凄いですね。

刺青の虎からこんなにも迫力が出ているとは驚きである。

この方はワンポイントで左胸の上と、右腕に刺青をしているようだ。

左の方の刺青は様々な色を混ぜた混沌とした刺青だ。
芸術作品のような刺青である。

仏様の刺青である。
後ろには龍が描かれている。

龍という空想の怪物の前で仏様が冷静な面持ちで手を合わせているという、
静寂さと脅威を織り交ぜた作品である。

ヤクザ(極道)の妻は美人が多い?

一般社会では嫌われ者になっているヤクザ(極道)ですが、
実はかなりモテるようです。

理由は大きく分けて二つあるようです。
1.外見が良い男が多い。
2.女性には優しい。
という点があげられます。

時には暴力を振るうことがあっても、その後凄く優しくする。
そのギャップが女性には心に感じるものがあるのかもしれません。

また、こんなことも言われています。

・モテる見本が回りにある
・女がいないことが恥ずかしいというプレッシャーが強い
・欲しい女を手に入れるために手段を選ばない

ヤクザは本気で女性を求めているのかもしれません。

本気で女を求めている人はなりふりかまわずに向かっていきます。
最終的に女が手に入るならそれまでのプロセスがどうだろうと関係ない。

ヤクザは基本的に派手好きです。
派手な女性といえば水商売。
水商売は綺麗な女性が多い。とにかく口説きまくるそうです。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる的に口説く。
プライドも高いがなりふり構わず女の自尊心をくすぐる言葉や態度をする。

結果的にヤクザと付き合った女はみんな「楽しかった」というそうです。

関連記事

⇒ 暴力団に履歴書を送った結果…衝撃の結果に…