ゴールド免許の特権が凄かった!
こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった…



優良ドライバーの証であるゴールド免許は
ドライバーであれば目指すべき目標です。

そのゴールド免許の特権がもの凄い待遇で
違反をしなきゃよかったとネットで話題に!

ゴールド免許とは「優良ドライバー」としての証で
5年間無事故無違反であれば与えられます。
このゴールド免許の特権が素晴らしすぎると話題になっています。

車の運転免許には大きく分けて3つの種類があります。

色によってランクが分かれていて、
「金(ゴールド)、青(ブルー)、緑(グリーン)」
の3種類があります。

まずはそれぞれの色を解説していきます。

免許の種類

・運転免許を取得してから3年間は緑です。
・一般のドライバー、違反者、初回の更新者は全て青色となります。
・5年間無事故無違反でいると、金色(ゴールド)に昇格します。

ゴールド免許証は「優良ドライバー」の証。
正式には優良運転者免許証と称されます。

ゴールド免許証取得の条件は

「更新前の免許証の有効期間満了日の直前の誕生日の41日前から、5年間さかのぼって交通違反や交通事故をしていない」

ことになります。

ゴールド免許の特権5

特典1:運転免許更新時の講習が短い

通常1時間の講習が必要なところ、
ゴールド免許の保持者は30分の更新で済みます

特典2:運転免許更新時の費用が安い

一般運転者が手数料と講習料合わせて3450円に対し、
優良運転者は手数料と講習料合わせて3100円に割引されます。

特典3:警察署で免許更新出来る場合がある

地域により最寄りの警察署で出来ます。
免許センターと同様の講習は受けます。
ただし当日の交付ができない警察署もあります。

特典4:自動車任意保険の割引

保険会社によりますが、
ゴールド免許保持者には10~15%程度の割引があります。

特典5:免許の有効期間が5年

ゴールド免許証は5年です。一般運転者は3年と5年両方あります。
こんなに良い条件だったら早くなりたいものですね。

しかし、ゴールド免許の6割弱がペーパードライバーであることから、
普段から頻繁に車を使うドライバーさんにとっては
この条件を満たすのは結構難しいかもしれません。

ネットの声

・「任意保険の割引あるから今は重要」

・「去年ゴールドになって、更新早くて助かったわ」

・「免許とって15年くらいたつけど未だにブルーだ」

・「だが交通安全協会は断る!」

などの声がありました。

交通ルールは守って当然です。
ですが、予期せぬ事故やトラブルに巻き込まれてしまうの事実…

ですが、皆んながゴールド免許を取ると言った意識があれば、
悲劇的な事故を回避できるのかもしれません。

あなたにオススメの記事

⇒ 道路に描かれているひし形の意味…実はドライバーの70%の人が知らないという事実が発覚…

関連記事

当サイトについて

運営者情報