今でも行なっている隠し念仏が不気味だった…
封印された日本のタブーが恐ろしい…


隠し念仏とは

隠し念仏は東北に今でも現存している信仰です。

元々、親鸞聖人の浄土真宗から発した一派ですが、
主流の本願寺から異端視され、
江戸時代には権力側から処刑に至るような弾圧も加わったため、
「隠れ」て信仰が行われるようになっていきました。

まさに邪教との扱いを受け、犬切支丹という呼称まで使われていました。
外部からの圧力とそれに対抗するための秘密主義は
信者同士の結束を固め、信仰形態も独自なものとなっていきます。

明治になり、実質的な禁令は解かれた後も
信者たちは教義や儀式を「隠す」ことを止めなかったそうです。
隠すこと自体がもはや信仰の一つとなっていたからです。
この辺りは九州の隠れキリシタンと似たような精神性が伺えます。

そして、岩手を中心に東北に残ったのが隠し念仏です。

現在も少なからず存在している


明治に入ると数は大きく減少しましたが、
岩手を中心とした東北地方には少なからず存在しています。

隠し念仏は秘密結社側面を持っているため入信儀式が特徴的です。
それが「オトリアゲ」という儀式。

地域によってはかなりやり方が違うと言われています。

入信者は導師の家に出向き、
仏間にて「南無阿弥陀仏」「助けたまえ、助けたまえ」と唱え続けます。

もちろん次第に疲れ、息苦しくなっていくが、
長時間に渡ってこの唱和を続けなくてはならない。
そのうちに頭がボーっとし、
意識が飛ぶトランスのような状態になります。

そこで導師が「助けたっ」と叫ぶと
鏡による反射光を入信者の口に照らす。
仏が入信者の体内に入ったという象徴だ。

儀式が終わると導師からは
「ここであったことを他人に喋ってはならない。
もし他言すれば地獄に堕ちる」と厳命を受ける。

このオトリアゲ、
はじめのうちは成人の入信者に限定され、
厳粛かつ秘密裏に行われたようだ。

しかし時代がくだると信者に生まれた赤ん坊にも
「オモトヅケ」という簡単な儀式をするようになった。

その子が6~12歳あたりになると「オトリアゲ」を改めて行う。

隠れて行うことが習慣となってしまった隠れ念仏。

元々は同じ流派だったのに異端とされてしまい
隠れて信仰することしかできなくなってしまいました。

そんな歴史を残すために今でも行われているのかもしれませんね。
引用:http://tablo.jp/discover/folklore/news000711.html

あなたにオススメの記事

⇒ 北関東にあった信じられない風習…男性にとって最高の風習だった…