IQOS(アイコス)はタバコよりも発がん性物質が多く含まれていることが判明…これはヤバイ…

これはヤバイ…
IQOS(アイコス)はタバコよりも発がん性物質が多く含まれていることが判明…



現在、紙巻タバコに代わって
電子タバコの市場が劇的に拡大している。

我が国における人気のほども、
街中の販売店に立ち並ぶ購入希望者を見れば一目瞭然だろう。

特に、米「フィリップモリス」社の加熱式タバコ
「IQOS(アイコス)」の普及には驚かされるばかりだ。

そんなIQOSですが、
タバコよりも有害であることを
スイス・ベルン大学の研究者が発表しました。

具体的には、人体に有害とされる以下の成分が含まれていました。

・一酸化炭素
血液に酸素を取り込むヘモグロビンが、酸素よりもくっつきやすく、酸欠に陥ります。
多環式芳香族炭化水素:発がん性があり、がん化やアレルギーを誘発させます

・揮発性有機化合物
具体例としてはトルエン、ベンゼン、フロン類、ジクロロメタンなどを指し、
公害などの健康被害を引き起こす元物質です

「従来のタバコに比べて90%の有害物質をカット」を訴えている
フィリップモリスにとっては痛い発表ですよね。

さらに、一部の研究では
電子タバコの原料に安全レベルの250倍以上の有害物質が含まれていることも明らかにしています。

今ある従来のタバコとは比較されていませんが、
危険であることは否めません。

受動喫煙も・・・

加熱式電子タバコは煙をほとんど出さないため、
周囲の非喫煙者が意図せずして(副流)煙や
有害物質を吸い込んでしまう「受動喫煙」の防止には有効そうだ。

事実、IQOSストアでは
「煙が出ないから、もっと快適に」と謳われており、
煙の排出が全くない=周囲への害がないというイメージを消費者に訴えている。

しかし、世界五大医学雑誌の1つ『JAMA Internal Medicine』の副編集長であり、
医学博士のミッチェル・カッツ氏によると、
加熱式タバコからも「発がん性物質」が周囲に流出するため、
公共の場での利用は非喫煙者の健康も害する恐れがあるという。

一部の飲食店などでは禁煙スペースでのIQOSの使用を認めているが、
これは大きな問題となりそうだ。
引用:http://www.reuters.com/article/us-health-tobacco-heatnotburn-idUSKBN18M2JB
引用:http://www.dailymail.co.uk/health/article-4551908/Heat-not-burn-cigs-contain-cancer-causing-chemicals.html

ネットでの反応

そろそろ、やめようじゃないか?

タバコって時点で割と諦めてるからこんなん今更吸う側からしたらカンケーない。
受動喫煙云々はやばそうだけど

彼女をタバコからアイコスに変えさせたんだけど…
もうやめて貰うしか無いな!

これは駅や屋内や他でも電子タバコを制限すべきだ。

関連記事

⇒ 4歳の娘に砂糖を一切与えなかった結果…とんでもない変化が…