運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ
⇒1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!


運転免許証の12桁の番号を確認

運転免許証は、車を運転する時には、持っていないと違反です。
この運転免許証には12桁の番号が記載されています。

実はこの番号12桁には意味があります。
12桁の一番最後の番号が1以上の数字の方は特別の意味がありました。

最初の2桁は一番始めに免許の交付を受けた
都道府県公安委員会を意味しています。

“01”からではなく“10”からのスタートで“10”は北海道です。
番号は連続番号ではなく、福島県が“25”で、その次は東京の“30”となってます。

北海道10番台・東北20番台・東京都30番台。
関東関東甲信越40番台・北陸中部50番台。
関西60番台・ 中国70番台・四国80番台。
九州(沖縄含む)90番台。

です。そして、運転免許証番号の12桁。
3桁目と4桁目は、運転免許証を取得した西暦の下2桁となっています。

交付年の次に記載されている番号(5~11桁まで)は、
“照会番号”と呼ばれている番号です。交付日における連続番号を示しています。

実は、全ての番号の意味は、公開されていません。
番号に密かに意味を持たせて、犯罪歴などを記載しているのでは無いか。

その様な懸念があり、情報公開請求をした事がありますが、
一部が公開されたに過ぎません。
運転免許証番号の最後の12桁目は、どういう意味があるんでしょう。

紛失・盗難等による再交付を受けた回数

運転免許証番号には、12桁ありますが、
最後の1桁は紛失・盗難等による再交付を受けた回数を表しています。

最後の12桁目の番号。
再交付を受けていなければ“0”になっています。

ただし、免許証の破損による再交付で手元に免許証があって、
記載内容の確認が可能な場合は番号は変わりません。

下1桁を除く、1~11桁は免許を取り消されたり、再取得するなどの事がなければ、
変わりませんし、全国共通仕様と言われています。

12桁目の最後の番号が、なんで問題になるかと言えば、
クレジットカードの審査などの際に、運転免許証を出すことがあります。

その際チェックされのが、この12桁目とされているのです。
番号を変えて、何回もお金を借りようという魂胆の輩がいないとも限りません。
そういう問題のことです。

▶︎10回捨てたら、“0”に戻るんじゃないかと勘ぐったあなた。
>残念でした…

10回以上は“9”で固定されているそうです。
もう一つの疑問を持たれた方が居るかも知れません。

現在、自動車の免許をお持ちで、新たに二輪免許取った場合は
再発行で1がつくのか?と考えた方。

再発行にはなりません。大丈夫です。
運転免許証は、個人情報ですが、
最近は、色んなところで身分証明として使われます。

コピーもされてますので特別の秘密情報とは呼べないかも。

あなたにオススメの記事

⇒ ゴールド免許の特権が凄かった…こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった…