イスラム国で美女が石打ちの刑で処刑…あまりにも残酷すぎる…

イスラム国で美女が石打ちの刑で処刑
あまりにも残酷すぎる…



イラクとシリアの大部分を武力制圧し、
世界中から恐れられているテロ組織「ISIS」。

「イスラム国」を名乗るこのイスラム過激派組織は、
支配地域を恐怖政治で治めていると言われています。

その恐怖政治の象徴が「処刑」

ISISが行う処刑には見せしめの意味合いが強く
処刑方法は実に残酷なものばかり。

絞首刑のような死刑とは別に穴を掘ってそこに立たせ、
人々が次々と石を投げつけて殺す「石打ちの刑」というものが存在します。

絶世の美女が石打ちの刑で処刑

石打の刑とは古代から伝わる処刑方法の一つですが、
イスラム教の国では未だに行われています。

石打の刑が処せられる罪は姦通罪です。

不貞といっても既婚者の浮気ばかりか、
結婚前に肉体関係を持つことも姦通として罰せられ、
時には殺されてしまうことがあるイスラム教徒たち。

しかし、イスラム国(ISIS)では刑の適用理由が余りに身勝手で
人権も何もあったものではないようです。

シリアで行われた処刑のニュース

シリアは未だに事実上無政府状態が続き、
激しい内戦が行われています。

この石打の刑のニュースは
2年以上前の2014年2月に報道されたものです。

それによるとFACEBOOKを利用した罪
推定15歳前後の少女が石打の刑に処せられたというのです。

少女の名はFatoum Al-Jassem、
年齢は14歳か15歳とのことだ。

彼女はシリアのAl-Reqqaに住んでいた。

この町は、2013年3月より、
イスラム過激派(ISIS)によって支配・統治されており、
政府の力はここには及ばない。

他紙の報道によると
反政府側の手に落ちた主要地方都市として最初の場所である。

ISISは彼女がFacebookを使っているのを発見し、
イスラム法(シャリーア)の裁判にかけた。

シリアにおいてFacebookは禁じられていない。

しかし、イスラム過激派たちは、
Facebookをすることは姦通することと同等であり、
ゆえに処罰されなければならないと主張する。

処刑を待ち受ける少女

石打の刑は罪人を土中に下半身まで埋め込み、
大勢の人が拳大の石を投げつけ死に至らしめる刑です。

即死ではなく何時間も苦痛が伴うことから
残酷すぎるという理由で現在は殆ど行われていません。

ISISは自分たちもSNSを利用していて
占領下の住民たちには自分たちが提供する
都合の良い情報以外は目に触れさせたくないという
思惑があるのかもしれません。

しかし、一方でこの石打刑のニュースは
イラン政府側の反ISISの宣伝工作ではないか?という説も出ています。

理由はソースが不確かであること、
このニュースを広めたネットワークが「ファーズ・ニュース・エージェンシー」という
イラン政府寄りの報道機関であったことなどによります。

イスラム教の人たちは石打の刑を
「神が命じたことなので、変更出来ない」と
イスラム法に則っていることを主張しています。

石打ちの刑の様子は体の半分近くを
地面に埋められた罪人に向かって周囲から石を投げ、
罪人に石が当たると歓声が起きると言われています。

余りにも残酷な罰ですね…。

ネットでの反応

・怖くて見れない・・・

・これだけで国連軍が攻める理由になると思う

・美人になんてことするんだ

関連記事

⇒ 19世紀の見世物小屋で働いてた人達…トラウマになりそう(閲覧注意)…