「発散系と浄化系」「動的と静的」
タイプ別のストレス解消法がカウンセラーも太鼓判だと話題に…


タイプ別のストレス解消法

ストレスの解消法を
①動的・発散系、②静的・発散系、③動的・浄化系、④静的・浄化系
の4タイプに分け、各々の具体的方法が
①×6パターン、②~③×5パターンにマッピングし、
合計すると21パターンとしています。

引用:https://twitter.com/abgk/status/864071012354211840

2軸のマップで具体的にアクションや解消のタイプが示されているので
自分はどのタイプに向いているのか判断し易いですね。

また今まで自分には無縁だと思っていた解消法が意外に効果がある…
そんな発見も出来るかも知れませんね。

このストレス解消マップはカウンセラーが効果を認めたストレス解消法を
「発散系と浄化系」「動的と静的」の2軸でマッピングしています。

例えば、普段デスクワークなどの静的な活動が多い人は
真逆の動的なストレス解消法を試してみてはどうでしょうか。

また、仕事もプライベートも活発に活動している人は
逆に静的なストレス解消法を試してみるとバランスが取れるかもしれません。

もしくは
「自分はやっぱりこの領域が一番ストレス解消につながるから、
この領域の活動をもっと増やそう!」
という発見があるかもしれません。

動的・発散系タイプとは

身体を動かしたり、
大声を出してストレスを発散するタイプです。

具体的には以下のようなことです。

・打つ、叩く
・飲む、騒ぐ、大声で歌う
・踊る・ライブに行く
・運動する・走る
・ショッピング

このタイプの人は感覚が強くストレスが溜まりすぎると
破壊的な行為に走ってしまうことがあります。
ストレスをためすぎずに適度に発散していくよう注意しましょう。

このタイプはこれらの発散方法が効果的です。

・1人カラオケで好きなだけ大声で歌うとか…
・ライブに行って騒ぐ
・ランニングでへとへとになれば余計な不安は吹っ飛ぶかも…
・気の合う仲間と飲んで騒ぐ
・ショッピングはとても効果がありますが、買い過ぎに注意!

静的・発散系タイプとは

不安や不満を内に溜め込まずに
親しい人に聞いてもらってスッキリする方法が代表的です。
感情を表現してストレスを解消する方法です。

具体的には以下のようなことです。

・語る、愚痴る
・書きなぐる
・美容院
・泣く
・サウナで汗をかく

このタイプの人は激しく発散することを好みません。
ストレスを溜め込みやすいという特徴があります。
自分の想定より一段上までストレスを発散してみましょう。

このタイプはこれらの発散方法が効果的です。

・ともかく人に聞いてもらって発散することがポイント
・泣くという事はカタルシスの効果があります
・日記に自分の感情を書きなぐる
・サウナで汗をかいてさっぱりと!
・美容室に行き、髪をカットすると心理的区切りになることも

動的・浄化タイプとは

日常的に何か活動をすることでストレスを浄化していくことです。
発散より静かな行動なので浄化に分類されます。

このタイプの人は日常から離れたり、
趣味や何かの活動に没頭する行為、何かの体験をするなどです。

具体的には以下のようなことです。

・旅行する、食べる
・ペットや友達と過ごす
・街や自然を散歩

このタイプはこれらの発散方法が効果的です。

・旅行は日常から離れるという意味では最も効果あります
・天気の良い日に外の空気に触れながら歩くことは、良い気分転換になります
・部屋をきれいにすることで、気分も頭もリフレッシュ!
・気の合う友人やペットと過す
・美味しいものを食べに行く

静的・浄化タイプとは

もっとも静かなストレス発散方法です。
心身共に静かにリラックスして過ごせるような時間を持つようにします。
ポイントは頭を空っぽにすることです。

このタイプはこれらの発散方法が効果的です。

・公園にいったりキャンプしたり、自然に触れる
・ホテルのラウンジやカフェなど自分が落ち着ける場所で過ごす
・風呂やスパに行く エステやマッサージを受ける
・ともかく寝る。睡眠不足は厳禁!
・ヨガなどで瞑想する

ストレス解消法実践で注意する事

自分に何が合っているのか
自身の性格と照らし合わせながらストレス解消法を試せます。

しかし、ストレス解消のつもりで始めたものが
いつの間にかストレスの元になるなんてことも実は珍しくありません。

例えば、ギャンブルはその最たるものですし、
ストレス解消のために始めたダンスだったのに、
正しくダンスをしようとしすぎて全然楽しめない、
そこに集まる人たちの人間関係がストレスになってしまう・・などです。

そういった時は気軽に違うストレス解消法を試してみましょう。

真面目な人ほど「一度始めた以上は・・」と考えてしまうかもしれませんが、
それがまたストレスの元になってしまうかもしれないので、
ここは気軽に色々楽しんでみましょう。

ネットでの反応

・自分が日頃無意識に行っている発散方法は
動的・静的のミックスされたものだったな

・旅行はいいよね

・自分は部屋で好きな事をしてゆったり過ごすことが好き

・毎週ジムに行って発散してます!

あなたにオススメの記事

⇒ ストレスが限界になると出る6つの症状がヤバい…これが出ると…