上原美優の命日に衝撃の事実が発覚…自殺には島田紳助と関東連合が関わっていた…

2011年に自殺した「貧乏アイドル」の
キャッチコピーで有名な上原美優さん。

自殺の背景にはいくつもの謎と闇がありました。


上原さんの波乱万丈の人生

貧乏アイドルとして貧しい家庭でのエピソードを明るく話し、
芸能界デビューまでの道のりなど波乱万丈の人生を送っていた。

10人兄弟の末っ子として生まれ出産時父は55歳母は43歳でした。
大家族で家計が苦しかったために幼稚園に通うことができませんでした。

15歳で自立し鹿児島市内の高校に通いますが
暴行の被害に遭ってしまいそのことが原因で高校を退学することになりました。

2006年にレースクイーンとしてデビューしますが
チーム撤回に伴い活動は休止。

2008年頃から貧乏アイドルとして多数テレビ番組に出演することが多くなり
自分の自伝を出版するまでになりました。

その後は活躍の場を多数持ち事務所の看板タレントにまで登りつめました。

2007年のクリスマス(当時20歳)に恋人に振られた寂しさから
睡眠薬を服用し自殺を図ったが一命を取り止めた。

2010年3月29日に心筋梗塞で母親が他界した。
この頃から精神的に不安定になったとみられます。

本人は仕事で最期を看取れなかったものの
家族全員で揃って葬儀を終えたが
彼女のショックは大きく以後精神的に不安定な様子が見られたという。

そして自殺したのは2011年5月11日。

交際中の男性と一緒に目黒区のマンションと一緒にいましたが、

「2時間ほど一人にしてほしい」

と男性を外出させた後、
自殺をほのめかす内容を男性に送信し、
不審に思ってマンションに戻ってみると、
自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っていました

交際のあった真鍋かおりや小森純、浜田ブリトニーなど
多くの芸能人が彼女の死を悼みました。

上原美優はなぜ自殺したのか

ネットでは色々な自殺原因が推測されていましたが、
彼女の死にはミステリーが残されていました。

それは彼女が死ぬ前に残したメモです。

女の最後のメッセージが
込められているであろうと思われていますが、
殴り書きのような字で解読不能と言われていました。

ここに来て、
このメモが解読され意味が明らかになったと言われています。

最後の力を振り絞って書いたのか、
解読不能な文字の羅列となっています。

ネットでは多くの人が試みたそうだが、
解読には至らなかった・・・

専門家が解読した結果

今までずっと謎に包まれていた遺書は、
なんと上原さんのものではなく
別人のものだという事が分かったのです。

また、上原さんの出身地で
壁面にメモ書きと同じ文字が刻印されている事が発覚し、
自殺とは何の関係もないという事が分かりました。

自殺には島田紳助も関係していた

上原美優さんの殴り書きの遺書は
本人が書いたものではないということが分かりました。

上原美優さんが本当に残した遺書のようなメモになんと、
島田紳助さんの名前が書かれてあったという噂があるようです。

島田紳助さんと上原美優さんにどんな関係があるんでしょうか??

暴力団関係者との交際が明らかになり芸能界からの引退を発表した島田紳助は、
お気に入りの共演者に手を出すことで有名だったという。

紳助はかなり上原のことを気に入っていたらしく番組にも積極的に登用していた。

「周囲が警戒して近づいてこないのに紳助は接近してくる。
二人が親しい仲に発展していったことはテレビ界では有名でした」

業界内では紳助との関係を怪しまれる。
そうした背景が警戒されるあまり、業界内で孤立していく……。

上原美優の死の真相はそんなところにも関係があるのかもしれない。

関東連合との関係も

さらに、上原美優さん自殺には関東連合が絡んでいるのではないかとみられています。

事件の経緯は、一緒にいた交際中の男性が
「2時間くらい1人にして欲しい」と言われマンションを出た後、
自殺をほのめかすメールが送られてきたため、
上原美優さんに電話したが応答がなく、
駆けつけたところドアノブにベルトとスカーフを巻きつけて首を吊っている
上原美優さんを発見したという流れになっています。

お母さんの死、恋愛、芸能界、給料のことで悩んでいて、
精神的に不安定だったことが死を選んだ理由だとされていました。

報道によると交際中の男性が家に着いた時にはすでに亡くなっていたと言われています。

一緒にいた交際中の男性で第一発見者でもある男性は
関東連合元リーダーの石元太一と噂されています。

石元太一さんは自叙伝『不良録-関東連合元リーダーの告白-』の発売(2012年)と同時に俳優デビューを発表しました。

ところが、その俳優デビューの直前に詐欺容疑の疑いで逮捕されました。
他にも数々の傷害事件などで逮捕されたり、身柄を拘束されたりしています。

上原美優さんが所属していたプロダクション
「プラチナム」の経営者も元関東連合出身で、
有名な悪徳プロダクションだったようです。

上原美優さんのマネージャーの渡辺雅也さんも元関東連合だとか。
プラチナムの関係者は上原美優さんの葬儀にも訪れなかったと言われています。

一緒にいた交際中の男性が自殺直前に外出して、自殺直後に戻ってきた
という行動が不自然ではないか?
自殺と見せかけた殺人事件じゃないかという疑惑もまだ消えていません。

上原美優さんの遺書にどのようなことが
書かれてあったかという情報はありませんでしたが
上原美優さんと島田紳助さんは何らかの関係があったのは知られた話だったそうです。

もし遺書に島田紳助さんに関してのことが
書いてあったとしても表に出ることはなさそうですね。

上原美優さんの手帳に書かれた遺書には
お母さんがなくなってつらいと書かれていたことは伝えられています。

お母さんの死で上原美優さんの心のバランスを
崩してしまったのではないでしょうか。

上原さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

あなたにオススメの記事

⇒ 芸能人・有名人の不可解すぎる自殺…真実がエグすぎる…