事故で片足が切断され止血処置をし励ます…
ある一言で命が絶たれることに…




事故を目の前で見たらどうするべきかを皆さんは知っていますか?

助けを呼ぶ、救急車を呼ぶ、警察に連絡を入れる、
怪我をしている人がいたら声をかけ、状態を確認して励まし続ける、
路上であれば二次災害を防ぐために発煙筒を焚く、
ファーストエイドの知識があるならけが人に対して必要な処置を行なう…。

自分が当事者でなく、
第三者の目撃者であってもできることはたくさんあります。
しかし、こうした状況下で決してやってはいけないことがあります。

Twitterユーザーのひろとさん(@AirHiro0528)が
人命救助に関するエピソードを投稿しました。

この投稿を見た人達からは
もっと多くの人に知ってもらいたいという
意見も寄せられています。

事故で片足が切断され止血処置をし励ます

事故に遭って片足が切断された人がいました。
止血の処置をしてもらい、
救助隊の到着を待っていたようです。

応急処置をした人たちが「大丈夫だよ」と
事故に遭った人を励ましていました。

しかし、この後に悲劇が起きてしまうのです。

たまたま事故現場を通りがかった人が、
その状況を見て驚いたのかこんな言葉を口にします。

「うわ、足ちぎれてるよ」

こんな言葉を大きな声で言ってしまったのです。

事故に遭った人は自分の足が
切断されているとは思ってもいなかったのでしょう。

処置を受けて頑張って生きようとして
苦しみや痛みを堪えていました。

しかし、そんな中で足ちぎれてるという言葉を聞いてしまったのです。

すると事故に遭った人はその言葉を聞いた直後に震え始め、
パニック状態に陥ってしまいました。

止血処置をして体を動かしていないのに
足からどんどん血が出てきてしまったそうです。

その結果、最終的にこの方は亡くなったそうです。

引用:https://twitter.com/AirHiro0528/status/779622539685355520

引用:https://twitter.com/AirHiro0528/status/779623803072581635

言葉の力を甘く見てはいけない

あのまま病院に搬送されて適切な処置をしていれば、
助かったかもしれません。

しかし、悲しいことに事故現場で命を落とすことになってしまいました。

もちろん、ビックリして足ちぎれてるよと言った人に
罪があるわけではありません。

悲惨な事故現場を見たら
驚いてショックを受けて動揺する人がたくさんいます。

ただ、そういった言葉によって事故に遭った人が
ショックを受けて死んでしまうという考えはさすがにないですよね。

なので誰も予想ができないことだったとは思います。

ですから、もしもそういった場面に遭遇したときには
こんなことに気を付けてほしいのです。

「けが人を動揺させてはいけない」

この事を覚えていれば、
事故現場に遭遇しても声を抑えることができると思います。

知らなかったからこそ、
こういったことが起きてしまったのです。

このエピソードを投稿したひろとさんはこんなコメントをしています。

「人の言葉って人に物理的ダメージを与えることもできる」
「言葉の力はすごい」

言葉の持つ重みについて改めて考えさせられました。
人を傷つけるくらいでは済まないこともあるのです。

怪我をしている人に対しては
生きる希望を持てるように励ましの言葉をかけ、
決して動揺させるようなことを言ってはいけないということを
誰もが知っておくべきですね。

言葉の力を甘く見てはいけません。

あなたが被害者になるか加害者になるか、
そんな事故の当事者になる可能性はどこにでも転がっています。

そんな時にこういった知識を知っていれば、
正しい行動をとることができるのではないでしょうか?

多くの人にこの事実を知っていただきたいですね。

ネットでの反応

・子供が言ったのか?子供なら言いそう

・応急処置をした人の能力不足だろ
止血できてないじゃん。

・本当の事を大声で言う大人ってバカの極みだろ。脳年齢は幼児

・足が切断された事意識した瞬間状態が悪化するなんて面白いね
プラシーボ効果とかもあるし思い込みの力ってのは
ホント馬鹿に出来ないもんだな

あなたにオススメの記事

⇒ 交通事故で下半身が切断された男性…残された5分で彼が望んだことに賛否両論…