光市母子殺害事件で死刑確定になった
大月(福田)孝行の現在…


光市母子殺害事件

1999年4月14日の午後2時半頃、
当時18歳の大月孝行が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

排水検査を装って居間に侵入した大月は
女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしたが、
女性の激しい抵抗を受けたため、
女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。

頸部を圧迫して窒息死させた。

その後大月は女性を屍姦し、
傍らで泣きやまない娘を殺意をもって床にたたきつけるなどした上、
首にひもを巻きつけて窒息死させた。

そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、
居間にあった財布を盗んで逃走した。

大月は盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり
友達の家に寄るなどしていたが、
事件から4日後の4月18日に逮捕された。

強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、
当時第一審では無期懲役、
第二審も無期懲役を言い渡されながらも、
最後には死刑を言い渡されました。


当時、この裁判内容は非常に話題になりました。

今枝弁護士が感極まって記者会見中に泣き崩れるなど
これを報じるテレビ局側にも格好の材料となりました。

マスコミの結果として事件を煽り、
感情的な報道が多くなったそうです。

「法廷での発言と精神鑑定での言葉が混合して報じられ、
意図しない、しかも事実に基づかない話が延々と流されました。

一旦、テレビ番組で報じられると、もう何を言っても無駄です。
元少年には反省の色は一切なかったという流れができて、
それに抗する術はありません」

犯行に及んだ理由

大月孝行が犯行に及んだ動機は
母親からの愛情がなく育ってしまったからといいます。

精神的に幼い(12歳程度の)福田が
粘着テープとカッター持って、水道屋の作業服のコスプレの格好で
設備点検を装いつつピンポンダッシュして遊んでたところ
前から目をつけていた奥さんの家にたまたま入り込んで
死んだ母ちゃんに似ている感じがしたから母親の体内に回帰したいという。

赤子のような心情が高まって何やっても受け入れてくれるよねー、
と思って押し倒して抱きしめたら、
なぜか激しく抵抗するものだから首を強く抱きしめたところ動かなくなって、
じゃあ胸はだけたら恥ずかしがって起きるかなと思ってブラはずして、
それでも起きないからいつ読んだかも買ったかも覚えていない小説に
精子を注入すれば生き返ると書いてあったから
マ●コにチ●コ突っ込んだんだけど、
途中赤ん坊が泣いて俺を嘲っているような感じだったので、
あやそうと抱き上げたら2回ほど床に落っことして、
それでも泣き止まないから首にちょうちょ結びしたら泣き止んで、
それから精子注入の生き返りの儀式をして一発抜いたらすっきりして
生き返ったかどうか興味なくして、
部屋の中を見渡すと赤ん坊が死んでいたので
押入れに入れればドラえもんが何とかしてくれるだろうと押入れに押し込んで
ようやくパニックになったから粘着テープと
彼女の財布を間違えて持って帰ってしまって
財布に入ってた地域振興券で遊んでいただけ。

あと僕をなめないでいただきたい。

正気の沙汰ではありません…

いくら愛情に飢えているとしても到底許されることではありません。
極刑を受けてしかるべきと思わずにはいられません。

来世で被害者の夫になると妄言

「僕は死刑になって来世で弥生さんの夫となる可能性がある」

山口県光市の親子を殺害した大月が拘置所で語ったとされる証言が
事件の差し戻し控訴審で明らかにされました。

「遺族としては、じっと歯を食いしばって弁護側被告人の話を聞いていた」
(遺族 本村洋さん)

8年前の本村洋さんの妻、
弥生さんと長女の夕夏ちゃんが殺害された事件の差し戻し審で
弁護団の依頼により被告の元少年を独自に精神鑑定した大学教授が証言しました。

大月は教授との面接でこう話したと言う。

「ぼくは死刑になって弥生さんと夕夏ちゃんと来世で会う。
再会したときに弥生さんの夫となる可能性がある。
そうなると洋さんに大変申し訳ない」(元少年が語ったとされる証言)」

そして大月はこうも語ったという。

「弥生さんは洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」
(大月孝行が語ったとされる証言)

「何をもって彼がそういう発言をして
どうしてそれを裁判で精神科医が話したのか意図は分かりませんが、
もし彼が本心でそれを言っているのであれば
反省していないことの証だと思います」
(本村 洋 さん)

「幼い頃から不条理な暴力にさらされてきた。
その中で彼はつまるところ成長は止まってしまった」
(大月孝行の弁護団 安田好弘 弁護士)

弁護側はこの悪魔は父親の虐待行為や
母親の自殺により精神的な発達が遅れ、
現実を認識する能力がなかったと主張していた。

大月(福田)孝行の現在

最高裁で死刑を言い渡された後、
大月(旧姓福田)孝行はまだ死刑を執行していません。

その理由は単純で
他に死刑を行わなければいけない人が数多くいるからです。

本来なら6カ月以内には行わなければいけないのですが、
オウム真理教の麻原彰晃が行われない限り執行できない可能性もあります。

あなたにオススメの記事

⇒ オウム真理教のトップ・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が執行されない3つの理由…