104歳のおばあちゃんの長生きの秘訣はドクターペッパーを毎日飲むことだった…「忠告してきた医師は皆死んだわ」

104歳のおばあちゃんの長生きの秘訣は
ドクターペッパーを毎日飲むことだった…
「忠告してきた医師は皆死んだわ」


長生きの秘訣はドクターペッパー

2015年3月に104回目の誕生日をむかえた、テキサス州に住むエリザベス・サリヴァンさん。
そんな彼女は1日3回、40年以上もの間
毎日欠かさずドクター・ペッパーを飲み続けてきたというのです。

ドクター・ペッパーといえば、独特の風味で一部のマニアを魅了する炭酸飲料。

日本ではそこまで馴染みが無いかもしれませんが、
アメリカでは100年以上もの歴史を持つ飲み物で
その味と同時に高い糖分とカロリーでも有名な飲料なのです。

「忠告してきた医師は皆死んだわ」

そんなサリバンさんに関わった全てのお医者さんは

「ドクター・ペッパーをこのまま飲み続けると死にますよ」

と、忠告していたそうです。

しかし、サリバンさんは

「みんなアタシに朝食はコーヒーにしろって、やかましく言ったわ。
でも、一度だって聞きはしなかったわよ。
アタシはね、ドクターペッパーで生きているようなもんなのよ」

と、無視。

104歳まで生きているサリヴァンさんにこのように言われてしまったら、
言い返す言葉がありません…。

ドクター・ペッパーCEOも仰天

40年前にドクター・ペッパーの味に恋をしてから毎日欠かさず飲み続けたサリヴァンさん。

「10時、2時、4時にドクターペッパーを飲みましょう。
そうすれば10時半、2時半、4時半にあなたを襲ってくる”けだるさ”が吹き飛びます」

というドクター・ペッパーのスローガンをまるで医者からの忠告かのように守り続けているのでした。

この彼女のドクター・ペッパー愛には
ドクターペッパー・スナップル・グループCEOのラリー・D・ヤング氏も大いに驚きました。

そして104歳の誕生日を迎える今回、ラリー氏からドクターペッパーの形をしたケーキと
ギフトバケットがプレゼントとして届いたのです。

長生きの秘訣

現在は杖をつきながら生活をしているサリヴァンさんですが、
これからもドクターペッパーを欠かさず飲み続けるとのこと。

高齢になっても日々いろいろなことを楽しむ余裕もあり、
今がとっても楽しいのだと語っています。

長生きの秘訣、もしかしたらそれは
ストレス無く好きな事を好きなだけやり続ける生活なのかもしれませんね。
104歳の元気なおばあちゃん、とってもうらやましいです。

あなたにオススメの記事

⇒ 256歳まで生きた男が中国に実在した?生き様が凄すぎた…