超絶可愛いホームレスの現実…127万円で初恋を売っていた…

超絶可愛いホームレスの現実
127万円で初恋を売っていた…


超絶可愛いホームレスの現実

美人すぎるホームレスを中国メディアが報道しました。

そのため、「美しすぎるホームレス少女を発見した!
とネットは大炎上
です!

彼女はとある町で目撃されたホームレスで
ガラクタを路上に撒き散らしているようです。

報道される前から「美人すぎる!」と注目を集めていたようで
地域住民や通行人が立ち止まって彼女の美貌に注目されています。

彼女自身が捨てることが出来ず、
ガラクタ(ゴミにしか見えない)が山積しているようです。

同じく中国の美しいホームレス。ハン・ビーヤオさんです。

127万円で初恋を売っていた

「美しすぎるホームレス」として中国のネット界で
話題になっている美少女“ロリちゃん”こと韓碧瑶(ハン・ビーヤオ)

北京の地下道で歌を歌って日銭を稼ぎ、
病気の親を助けようとしている彼女には母と弟がおり、
父はすでに他界。

父は多額の借金を残して亡くなっており
病弱な母を養いつつ弟は知人の家に預かってもらっている。

何故そんなにも美しい女性が
わざわざ人目の付きやすい路上にガラクタを集めているのかは謎…

実際のところ、本当にお金に困っているようで、
銀行の入り口に正座し、お金をくれる人を待っている。
さらには127万円で初恋を売っていたということも・・・

『これは何かの誇大広告に違いない』

と推測するネットユーザもいます。

きちんと洗濯した清潔な着衣はイマドキの流行をきっちり抑え、
カラーリング仕立ての髪の毛はツヤツヤとしている。

ネット上では

「今年初の売名アイドルではないか?」

と、疑惑の声も飛んでいる。

「美しすぎるホームレス、ロリちゃんに出会った1日」ネットの掲示板に登場したこのスレッド、
数日後にはあっという間に話題となり、
新聞やテレビ、ラジオもこぞって取り上げる騒ぎになりました。

彼女はホームレスはヤラセという噂もありましたが、
地下鉄で病気の親を助けるために、北京の地下道で日銭を稼いでいました。

いずれにせよ、このようにメディアに露出したことで
宣伝効果にはつながっているため、
集客を目的としていたとすれば彼女のプロモーションは成功だと思います。

元ホームレスと言う設定で、何処かにスカウトされ、
CDデビュー女優デビュー映画デビューという茶番の可能性も捨てきれませんね
引用:http://tt.mop.com/read_12222414_1_0.html

ネットでの反応

・眉毛も整ってるし昨日ホームレス始めましたって感じだは

・もっと不潔な格好してから言えよ

・浮浪者にしては綺麗な髪してんな

関連記事

⇒ 世界の地下住人の実態…漫画のような世界が現実に存在した…