男女の恋愛観の決定的な違い10選…
男女の恋愛観は全く持って別ものだった…


男女の恋愛観の決定的な違い10選

男女は一生理解し合えないとも言われています。

同じ人間ではありますが、
性別が違うだけでここまで考え方に違いがでてくるものなのですね。

もちろん人間はそれぞれに考え方が違いますが、
男女というカテゴリーに分けるとそれもまたかなりの違いが出てくるのです。

今回は男女の恋愛観の決定的な違いを10ご紹介します。

1.「総合力で男を見る」「容姿で女を見る」

女性は総合力を見て男性のことを好きになる。
男性は容姿を見て女性のことを好きになる。

女性というのは交際をするたびに
それが「結婚前提」という気持ちになります。

結婚をしてその相手と経済的にも精神的にも
安定した生活が送れるかどうか?という部分が重要になります。

女性によっても「重視するポイント」が異なりますが、
その総合点(性格、容姿、経済力、評判など)は変わりません。

基本的に総合力が高い男性が人気になります。

男性というのは交際するときに
「性行為前提」という気持ちになります。

性行為をしたいということはそれなりの容姿を望んでいます。

その容姿というのは妊娠能力が高い
「若くて健康な女性」のことをいいます。

交際するには性格を考慮することもありますが、
容姿が合格基準でなければその先はありません。

結婚をしたらやはり男性が生活をメインで支える存在になるのは
まだまだ変わらない状況です。

なので男性は責任を感じている人が多いのです。

そういった背景から女性に対して
生活基準でのメリットを求めるのではなく、容姿を求めるようになります。

2.好きな人の候補が「数人の女」「数十人の男」

女性は好きな人の候補は数人しかいません。
男性は好きな人の候補が数十人います。

女性が見る総合力をクリアし、
好きな人の候補にあがってくるのは数人程度。

外見だけであれば候補に入れる男性でも
中身を見られたら候補に入ることができなくなります。

女性は好きな人の候補から誰の総合力が1番高いのか?
誰が1番「ときめき」を与えてくれるのか?と判断をしていきます。

男性は好きな人の候補を容姿メインで選びますので
合格する人がたくさんいます。

それからあまり接点のない女性や彼氏がいる女性でも候補に入ります。
ですから、候補に入る女性の数はとっても多いのです。

そして、最終的にその候補の中から
「自分と交際してくれそうな女性」のことを好きになります。

3.恋心が「徐々に高まる女」「最初から高い男」

女性は徐々に恋心が高まっていきます。
男性は最初から恋心が高い状態です。

女性は結婚を前提にしていますので
自分の人生を捧げる覚悟ができる人に対して
初めて「好き」という気持ちを抱きます。

信頼できるまでには時間がかかりますし、
信頼を積み重ねるのにも時間が必要です。

そうやって時間を使っているので女性は徐々に恋心を高めていきます。

男性は容姿をメインで考えているので
初対面であっても好きな人候補に女性を入れることができます。

そしてちょっとしたやり取りであっても好きになることができます。

男性でも結婚できる相手なのか?と考えれば
慎重に行動をするようになりますが、
交際しているだけでは結婚を考えていません。

交際前に恋心のピークがやってくるので
1回でも性行為をすると気持ちが落ち着いてしまうのが男性です。

4.「うまくいかないときに恋する女」「うまくいったときに恋する男」

女性は人生がうまくいかない時に恋をします。
男性は人生がうまくいっている時に恋をします。

女性は仕事や人生がうまくいかないと
誰かに頼りたいという気持ちに陥ります。

しかし、そういった考えというのはあまり良いものではありません。

自分の感情というのは他人に面倒を見てもらうのではなくて、
自分で見ていかなければならないからです。

自分のことを救えるのは自分だけです。

男性としても女性から「助けてほしい」と思われたら、
重たく感じてしまうでしょう。

それは恋愛感情ではなくてただ頼りたいだけなのです。

男性というのは恋愛を「がんばるもの」だと思っています。
落ち込んだ時に彼女に甘えたいと考えることもあるでしょう。

しかし、恋愛以外にも頑張ることがあるとき、
独り身の男性は「彼女が欲しい」「彼女に頼りたい」という考えを抱きません。

頑張って他にやるべきことをやるからです。

5.「交際前は女が客」「交際後は男が客」

交際前は女性がお客で男性が店員という関係性。
交際後は男性がお客で女性が店員という関係性。

男性というのは交際してもらうために頑張るものです。

しかし、釣った魚にえさをやらないという言葉の通り、
付き合い始めると手を抜きます。

女性は交際の後に恋心にピークが訪れますので、
男性が落ち着いた時に女性が盛り上がっているという状態です。

ここで男女の気持ちにはギャップが生まれてしまっています。

彼氏に尽くす、執着する、嫉妬するなど
女性がそういった行動に出始めるようになる時期です。

最初は男性が女性を追いかけて一生懸命にアプローチをしますが、
手に入れたらそこで情熱は収まってしまいます。

ただ、良好な関係で交際をしている場合には
「男女とも店員」という関係になります。

お互いに相手のために努力をしている
とても対等で素敵な関係です。

この関係は理想のカップルと言っていいでしょう。

6.「言葉を重視する女」「行動を重視する男」

女性は言葉を重視しています。
男性は行動を重視しています。

女性は彼氏から思いやりや
気を使ってくれる言葉を受けると嬉しくなるものです。

逆に、自分の感情に対して気を使ってくれないと
女性は愛情を感じられないのです。

しかし男性は女性の考えが分からないのでデートをしたり、
LINEをしたりすれば愛情を伝えられていると思っています。

男性は彼女が体を許すという行動を見せないと
愛情を実感することができません。

言葉で「愛している」「好きだ」ということは誰にでも言えるからです。
男性は感情を表現することが苦手で相手の感情を読むことも苦手です。

なので行動で示してくれる女性のことを好きになるのです。
男女ではここまで行動と言葉に対する価値観が違うということです。

7.LINEで「会話したい女」「業務連絡の男」

女性はLINEでしっかりと会話をしたいものです。
男性はLINEを業務連絡のように使います。

女性は先ほども言ったように言葉を重視していますし、
その頻度も重要だと考えています。

友達、彼氏、家族であっても言葉でやり取りをしていなければ、
繋がっていると実感ができないのです。

中でも1番繋がっていたい彼氏とのLINEは
女性が生きていくために必要不可欠な存在です。

ですからしっかりとLINEで会話をしていたいと思うのです。

男性はLINEで業務連絡や用件などを伝えるものとして使っています。
日常的なLINEに関しては面倒だと感じている男性は多いでしょう。

男性はLINEで会話をしなくても
彼女とつながっているという実感を持っています。

ここが男女のLINEへの熱量の差なのです。

8.「未婚で焦る女」「童貞で焦る男」

女性は未婚だと焦ってしまいます。
男性は童貞だと焦ってしまいます。

女性が未婚ということはまだ男性から一生の愛を誓われていないという状態です。

女性にとっての結婚は男性との強固な心の繋がりを証明するものです。
その証明がないという状態はとても不安定なものとなります。

女性の中では出産のタイムリミットなどがありますので、
結婚を焦るようになります。

一方の男性は童貞だと一人前の男ではないという気持ちになり焦ってしまいます。

女性からして好きな男性が童貞だったら嫌だということはないのに男性は焦ってしまうのです。

ただ、男性の愛情表現というのは性行為なので
彼女に対して体の繋がりを求めています。

9.結婚は「ゴールの女」「リタイアの男」

女性は結婚をゴールだと思っています。
男性は結婚をリタイアだと思っています。

女性が本能的にゴールだと感じるのは子どもを産むことです。

結婚をして経済的にも精神的にも安定したときに
相手との心の繋がりの証明をゲットします。

女性にとっての結婚は目標であり夢でもあります。

その理由は妊娠や出産によって人生が変わるからです。

一方の男性は多くの女性と性行為をすることが
本能的なゴールと感じていますので結婚はリタイアになるのです。

男性にとって性行為は夢なのですが、
現実には結婚をしてそこに責任が発生しますので、
自発的に結婚したいとは思いません。

なかなか男性がプロポーズをしてくれない理由は
そういった本能的な部分に秘密が隠されているのです。

10.浮気は「転職活動の女」「副業の男」

女性にとって浮気は転職活動のようなものです。
男性にとって浮気は副業のようなものです。

女性はこの恋人(会社)とやっていくことができないと感じたとき、
転職活動をし始めます。

交際をしていても幸せな結婚ができないと思ったからです。

女性は彼氏に対して大きな不満などがなければ、
副業をすることはありません。

女性は普段から人間関係で努力をしており、
演技をしている部分もあるので浮気をしても彼氏にバレることはとても少ないです。

一方の男性も彼女に対して愛想が尽きたら転職活動をしますが、
彼女に不満がないのに副業をする人がいます。

それは生活が苦しいから行う副業ではなく、
遊ぶお金が欲しいから行う副業のようなものです。

男性は演技をするのが難しいので、
女性の鋭い能力により浮気がすぐにバレます。

男女の恋愛観は全く持って別もの

恋愛観が近い人であればそれなりに上手く交際していくことができます。

しかし、男女の間ですべての恋愛観が一致する人などいません。

好きな人と恋愛観が合わない時にはしっかりと話し合いをして、
お互いが歩み寄れる所や努力できることを考える必要があります。

そうすることで交際や結婚生活が続いていくのです。

歩み寄ることができない努力することができなという相手であれば、
それまでの関係だったってことです。

男女の価値観の違いを理解してお互いに歩み寄れるところを見つけて、
うまく関係を築いていけるように努力しましょう。

あなたにオススメの記事

⇒ 好きな女性だけにする男性の愛情表現7選…これは男女必見です!