パチンコ・パチスロ業界の闇...お客さんに決して言えない5つの事を店員が暴露...

パチンコ・パチスロ業界の闇...
お客さんに決して言えない5つの事を店員が暴露...


パチンコ・パチスロ業界の闇

一斉を風靡した時代に比べると衰退傾向にあるパチンコ・パチスロ産業ですが、
現在でも娯楽として楽しんでいる人は多いようです。

このパチンコやパチスロ業界で働く店員さんがお客さんに言えない5つのことが、
ネットで話題になっています。

1.設定流し

パチスロでは1〜6段階の「設定」があり、
これは店長クラスの人が「設定帳」なるもので
管理しているのだそうです。

この設定は数字が大きいほど勝つ可能性が高くなります。
ですが店長も人間なので、実はこんなことを・・・

店長も人間なので友人に高設定の台を教えてその台で買った分を折半する、
という事件も多発しているそうです。

逮捕される可能性もありますが、
逮捕されると店の評判も落ちてしまうために
こっそりクビになるパターンが多いそうです。

2.女性店員

パチンコやスロット店では綺麗な女性が働いている店舗が多いそうですが、
これも採用する時に「顔やスタイルを重視して採用している」からなのだとか。

もちろん、シフトに柔軟に対応できるというのも採用ポイントではあるそうです。

またパチンコやパチスロ店で働く女性店員は
アルバイトでも忙しいそうで出会いはなく、
ほとんど社員を含めたスタッフ間の恋愛になりがちなのだそうです。

なので、かなりの美人が「え?この人と?」ということも、あり得るのだとか。

3.出世競争

パチンコたパチスロ店での業務は厳しく、
仮に10年働いたとしても出世できなければタバコや騒音などの悪い環境の中で
重労働をしなければいけないのだとか。

その環境から抜け出すためには
本店勤務になるか店長かエリアマネージャーに出世するしかないのだそうです。

そのため、出世したいがために女性店員を味方につけて、
出世のライバルを誘惑させてセクハラさせて暴露するような
「ハニートラップ」も実在するのだとか。

4.換金所

現在、警察の指導によって換金所は
パチンコやスロット店と無関係ということになっているために、
換金所の場所は店員も知らないことになっていて
客が尋ねても教えてくれないそうです。

5.ゴト被害

ゴトとは「仕事」という言葉が由来になっていて、特殊な機械を使ってパチンコやパチスロの台をおかしくして出玉を不正に獲得する方法だそうです。

このゴト被害による金額はかなり大きなものになるそうです。

ですが、このゴト被害にあった場合
ゴト被害で支出が増えたから当分はお店にいってもお金を回収されるだけで遊べない
とお客から判断されがちなため公表されないそうです。

ネットでの反応

・どんな業界でも裏事情はある

・パチンコやパチスロ業界も大変だね

・昔はよくやってたけど、今はもう行かない

・まだやってる人がいるんだ

あなたにオススメの記事

⇒ なぜか合法な日本のグレーゾーン7選…警察も見て見ぬふり?