動物を家族として迎え入れた以上、
いつかはお別れの日がくるもの。

特に犬や猫は人間よりも寿命が短く、
一緒に過ごせる期間は長くても十数年ほどです。

しかし、俳優の椎名桔平さんの場合は
たった10ヶ月で愛犬とお別れしなければなりませんでした。


椎名桔平が愛犬を手放した理由

椎名桔平さんは小説、『盲導犬クイールの一生』が
映画化された作品に盲導犬の訓練士である
多和田訓練士役で出演しました。

その映画を通して「パピーウォーカー」の活動を知った椎名さんは、
2017年4月に『公益財団法人・日本盲導犬協会』から、
1匹の黒いラブラドールレトリバーを家族として迎えました。

#tender

A post shared by 椎名桔平 (@kippeishiina) on

引用:https://www.instagram.com/p/BUJaqCWh2OC/?utm_source=ig_embed

「パピーウォーカー」とは盲導犬候補の子犬が人間との信頼関係を築くため、
子犬の期間とされる10ヶ月を一緒に過ごすボランティアのことです。

椎名さんは、預かったレトリバーに「テンダー」と名付けました。
子犬と過ごす楽しい10ヶ月はあっという間に過ぎていきます。

そして、とうとうその日が近づいて来ました…

「犬も一生忘れないと思う」

椎名さんのInstagramには
たびたびテンダーの写真が投稿されていました。

ファンの方々からも「可愛い!」と大評判だったとのこと。
きっと自慢の可愛い家族だったのですね。

しかし、パピーウォーカーの期間は終わりに近づいてきました。
椎名さんはInstagramにテンダーとのお別れに対して
寂しさをにじませています。

「あと少しでお別れだね。分かってはいるけどね…」

と綴っている椎名さん。

引用:https://www.instagram.com/p/BfYii-mB3UC/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_ufi_control

今まで、たくさんの愛情を注いでいた
ワンちゃんとのお別れはつらいものです。

天国に行くわけではなく人のために活躍すると理屈ではわかるものの
その寂しさはどうにもなりません。

自分との別れを泣いてくれる人がいるからこそ
いっぱい愛情をもらった証拠です。

テンダーも椎名さんの愛情を胸に立派な盲導犬になって欲しいですね。

ネットでの反応

・テンダーも椎名さんの愛を生涯忘れないと思います。

・盲導犬を引退したら、また一緒に過ごせるといいですね。

あなたにオススメの記事

⇒ 山口智子が子供を作らない理由…秘められた強い信念に勇気づけられる…