ストレスが限界になると出る6つの症状がヤバい…これが出ると…

ストレス社会と言われている現代。
ストレスが限界に達すれば何かしらの症状が出てきます。

そんな状態が引き起こす症状6つをご紹介します。

あなたはいくつ当てはまりますか?


ストレスを感じた時に出る6つの症状

現代のストレス社会では「ストレス」と上手く付き合う事が
生活するうえで必須となっています。

皆さんはストレスを感じたときにどうやって対処していますか?

・美味しいものを食べる
・スポーツをする
・お酒を飲む
・趣味に走る
・買い物に行く等々。

解消法が沢山あるかとは思いますが、
世の中にはストレスを上手く解消できない人がいます。

簡単にストレスを解消できれば良いのですが中々そうはいかないのが現状です。
ストレスが及ぼす影響は様々なものがありますが、
ストレス限界に陥った時、どのような症状が出るのかをまとめてみました。

1.休日なのに頭が痛くなる

平日に溜まってしまったストレスが休みになると
解放されて一気に頭痛となって現れるようですね。

ずっとストレスから収縮していた血管が休日に解放され、
血管が緩んで片頭痛になると考えられます。

2.悪夢を見る

過度なストレスに晒されていると悪い夢を見ることが多くなるそうです。
毎晩悪い夢を見続けると身体にも心にも負担がかかり悪循環に陥ってしまいます。

悪夢を見てしまう理由として真面目な人や神経質な人が多いようです。
悪い夢を見続けると「悪夢障害」と診断されることもあるので注意が必要です。

3.腹痛が多くなる

ストレスによる腹痛が挙げられます。
「腸は心の窓」ともいわれ、精神的な影響を受けやすいんです。

最近では10代、20代の方も胃潰瘍、神経性胃炎で悩む方が多いそう。

性格や生活習慣が関与する場合が多いそうです。

4.ニキビが増えだす

ストレスに晒されることによりホルモンバランスが崩れて、
大人ニキビが出来やすくなります。

ストレスニキビは、「顎周辺」と、「背中周り」に多く発生。
ニキビが治らないのもまたストレスとなり、悪循環に陥ってしまうそうです。

5.睡眠中の歯ぎしり

ストレスによる就寝中の歯ぎしりが原因で人によっては顎の痛みがでます。

何故、歯ぎしりが起きるのかというと、
無意識に歯ぎしりをすることでストレスを発散させているみたいです。

一緒に寝ている方も歯ぎしりの音がストレスになりそうですね…

6.アレルギー症状が出る

オハイオ州立大学の研究で強いストレスを感じると、
血中の“IgE値”が高まるとの研究結果がありました。

今まで食べていたものもじんましんやのどの痒みなどになって身体に現れます。
現代人にアレルギーを持っている人が多いのはこういった理由があるからかもしれませんね。

なぜストレスで身体に異変が起きるのか

ストレスを受けるとそれに対処しようと
脳からの指令で副腎皮質からコルチゾールが分泌されます。

コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、
ストレスから身体を守ろうと血糖値を上げたり、脂肪を蓄積しようとします。
それはいつでも戦闘態勢になれる状態を維持する、ということです。

もちろん、適度なストレスは、自身の成長や、物事の成功のために必要です。

例えば部活動の練習で「緊張感を持て!」と口すっぱく言われるのも、
「あえて自分にストレスをかけ、ストレスを乗り越えることで人は強くなる」
という科学的根拠に基づいています。

しかし、一時的かつ適度なストレス・緊張ではなく、度を過ぎると、
身体を司る自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが乱れ、
活動を促す交感神経が優位になり、常に身体が緊張状態に置かれているため、
それが体調不良として現れます。

はじめは何となく体がだるいなどですが、慢性になると様々な病気につながるのです。

ネットの反応

・抑うつ症状は、現代人に多いもの。

・現代人は、ストレスに晒されている。

・そして、ストレスに弱い人が増えた?

・人間関係のもつれ、会社の上下関係が殆ど。

うつ病にかかる方が多い中、
上記のような症状が出て来たら危険信号ですね。
僅かな身体の異変を見逃さず、注意することが大事です。

また身体だけでなく、心の不調として現れることもあります。

もし、自身に少しでも当てはまるものがありそうならば医者に相談するのもひとつです。
少しでもストレスの軽減に参考にしてくだされば幸いです。

関連記事

⇒ トイレ掃除にはコカ・コーラ?飲むだけじゃないコーラの意外な裏ワザ