パンチドランカー・辰吉丈一郎の末路…
パンチで脳にダメージ喰らうとこんな悲惨な状態になるとは…


辰吉丈一郎とは

浪速のジョーと呼ばれ、
今もボクシングファンの間で根強い人気を誇る辰吉丈一郎。

1989年に19歳でプロデビュー。
91年に当時、国内最短記録となる8戦目で世界王座に就いた。

希代の天才ボクサーとしてカリスマ的な人気を誇りました。

しかし、ボクサー生命を奪う網膜剥離(はくり)にかかり、
引退の危機に追い込まれた。

その後、復帰を求めるファンの声に後押しされ、
97年に再度、王座に返り咲きました

また、1994年に行われた薬師寺保栄との一戦は
今もなおボクシングファンには記憶に残っています。

試合前から過激な舌戦を交えて、両者が一戦に臨みます。
結果的に薬師寺が勝利して、辰吉は王座陥落を余儀なくされます。
しかし、世紀の一線から時間がたっても
まだまだファンからは賞賛の声が沢山あります。

辰吉丈一郎の次男もプロボクサーに

2016年10月1日、後楽園ホールで辰吉丈一郎の次男、
寿以輝の試合が行われました。

スーパーバンタム級の6回戦で寿以輝にとってはプロ6戦目。
ボクシングの聖地、後楽園ホールでは初めての試合になりました。

辰吉寿以輝プロ6戦目!1Rにダウン喫すも逆転の5RKO勝ち。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=F7QwywJcEDg

父親が世界でも有名な辰吉丈一郎ということで
注目度もある中、プレッシャーをはねのけて勝利。

しかし、父である辰吉丈一郎は
息子に厳しい言葉をかけました。

息子よ

「個性がない」
「今のままでは路頭に迷う」

確かに勝利を収めたものの途中、
ダウンを奪われる展開での逆転勝利。

歯がゆさからか様々な厳しい言葉が投げられました。

「個性がないというのは華がないということ。
華がないというのは武器がない。
自分の子やからかもしれないけど華がない。

今のままでは路頭に迷う。武器をつくるのか、
無敗のままフェードアウトするのか」

次は8回戦に昇格。
着実に実績は積んでいますので
これからに期待しましょう。

しかし、それよりも話題になったのが、
辰吉丈一郎のパンチドランカー症状がヤバいという件。

呂律がまるで回っておらず、
正直何を言っているのか聞き取れないと話題になりました。

ガチンコファイトクラブに出演

4期生の梅宮とスパーリンリングしている時には
華麗な動きを見せています。

さらに話し方もスムーズでまだまだ精悍な姿。

しかし、今の呂律の回っていない姿は
辰吉ファンとしては残念でなりません。

47歳になった今もなお現役で

「殴って金貰える。これ以上美味しい商売はない」

と言っている事は達者なのですが、
残念ながら上手く聞き取ることはできません。

これがパンチドランカーなのでしょう・・・

パンチドランカー・辰吉丈一郎の末路

辰吉丈一郎は決して引退という言葉を発しません。
2018年現在、47歳ではありますが、
今もなお日課のロードワークを続けているでしょう。

実際、2009年39歳の時に行った試合から、
ずいぶん試合をしていません。

事実上は引退状態ですが
いまだに現役に拘っているようです。

しかし、衰えは顕著のような気がします。
特にろれつが回っていないしゃべり方です。

昔の威圧感というか精悍さが
感じられなくなってしまっています。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=IE9XPo9xQEo

途中、何を言っているかわからないような場面すらあります…。
辰吉のろれつが回っていない姿は
誰の目に見ても明らかのようですね…

パンチドランカーの症状には
言葉が円滑に話せない症状もあるようです。

それが進行していけば記憶障害、認知症、歩行障害なども起こるようです。

かつてのかっこいい世界チャンピオンの辰吉丈一郎。
まだまだかっこいい姿は見たいのですが…

ネットでの反応

・辰吉ろれつ回ってないw

・辰吉ちょっとおかしいよ
脳に障害あるんじゃないの?
アスリートとしてはイチローやカズに似てるな生涯ボクシング好きって感じが

・パンチドランカー酷すぎて営業にも使えないんだな

・辰吉さらに進行してる、脳障害、、、

あなたにオススメの記事

⇒ 養護学校でサッカーしてるカズに「人気取りですか?」と質問…返答が素敵すぎる…