暴言騒動で話題になった豊田真由子の現在…こりゃダメだ…

暴言騒動で話題になった豊田真由子の現在
こりゃダメだ…



2017年6月に週刊新潮によりスクープされた
豊田真由子さんの暴言騒動ですが、
日本中を揺るがす大騒動となりました。

その盛り上がりの要因となったのは
被害者となった秘書Aさん秘密裏に録音した音声テープの存在でした。

文章だけでは伝わらない暴言の迫力や臨場感が伝わってくる音声テープの存在は
豊田さんの暴言により苦しめられた歴代の秘書の心情を理解するのに持って来いの材料でした。


引用:https://www.youtube.com/watch?v=Bc6UEvT9H_o

上記の動画に関しては
週刊新潮がAさんより入手した音声テープの触りの部分程度の内容ですが、
豊田さんの暴言の破壊力ぶりを確認出来る貴重な資料だと言えます。

動画内のAさんの弱り切っている受け答えが切なすぎることも
パワハラ事件としてあちこちから糾弾の声が上がった一因と言えるかもしれません。

豊田真由子の現在

豊田真由子さんは現在、入院しています。

しかし、交通事故にあったわけでも暴行を受けたわけでもありません。

精神的に参っているかもしれませんが、
ベッドから起きられないほどの病状なのでしょうか。

今の雲隠れに対し有権者は
一定の理解を示している格好になっているのは皮肉なことです。

しかし、ずっと病院にいるわけにはいかず、
然るべき時にどれだけ誠実な姿を見せるか
少しは名誉の挽回ができるのではないでしょうか。

イメージと暴言とのすさまじいギャップ

エリート街道だけを歩いてきた豊田さんが

「このハゲーーー!」「この野郎!」「死ね!」「ボケ!」

などという暴言を連発していることには驚かされました。

しかも叱責する理由がそこまで激怒するほどのものでないことに二重の驚きです。

「エリート」
「ピンクの上等そうなスーツをいつも着こなし上品で優雅」
「政治家に多い、人を見下した雰囲気がない」
「笑顔を出し惜しみせず、しかも似合っている」

などのイメージと暴言とのギャップが問題を更に大きくしましたね。

議員としても一社会人としても
前代未聞の恥かしい言動が連日テレビで暴露され、
なかなか表に出てくるタイミングにないのは察して余りあるところです。

しかし、豊田さんが一歩前に進むには謝罪会見をするしかありません。

「たまたま他の問題で悩んでいた時だったからカッとなった」

等の言い訳は通用しない。
何分過去4年間で秘書が100人も入れ替わっているそうですから。

豊田さんが謝罪会見をいつどのような内容で行うかで
政治生命をかける以前に豊田さんの人間性が問われるのです。

最近の政治家は呆れてしまうような事件が相次ぎました。

妻の出産中に実家に他の女性を連れ込んだY元議員
N議員のように妻以外の人とハワイの教会で結婚式
を挙げたとか他にもいくつかありました。

政治家であろうとなかろうと軽蔑に値する最低な行為です。

ところが、この種のスキャンダルが後を絶ちません。

能力や人間性、志の有無を問わず、
地盤だのみブームだのみで政治家になられては
私たち有権者はたまったものではありません。

志なくば政治家になってはいけない

豊田さんも2012年に自民党に強烈な追い風が吹いたときに当選しました。

しかし、100人もの秘書が逃げるような状態を
ご自身ではどのように思われていたのでしょうか。

企業であれ国であれ、
大きな事業をなすためには良好な人間関係が重要です。

何ごとも1人だけでできるはずはなく、多くの人たちのサポートが必要なわけです。

ところが、豊田さんは右腕として育てるべき
目前にいる自分の秘書とさえ良い人間関係を築けなかったのです。

しかもあのように罵倒したからと言って教育出来るものではなく、
かえって委縮し、出来る仕事も出来なくなるでしょう。

豊田さんは完璧主義者で仕事面では優秀だったそうですから、
5番目くらいの秘書が逃げた段階で猛省し、自ら変わるべきでした。

自分が雇った人はストレス発散の対象として使い捨てて当たり前の存在だったのでしょうか。

豊田さんのような人に国民の幸福を追求し、
国民が自ら幸福を追求する場を作る仕事ができるとは思えません。

「物事には表と裏があるんだよーっ」と怒鳴っていますが、
豊田さんの性格の裏表はほぼ犯罪です。政治家には向いていません。

豊田さんは政治生命を繋ぐ方策を今の病院で練っておられるのでしょうか。
潔く、国会議員としての資質がないことを自覚すべきかもしれません。
引用:http://icnet-news.com/464504

関連記事

⇒ 三船美佳の現在。本当の離婚理由がバレてクズっぷりが話題に…